2018年度 エディテージ研究費 基礎研究グラントは、2018年7月~9月に公募を行い、全申請数76件、書類選考通過11件の中から、採択者4名を以下の通り決定いたしました。

エディテージ研究費 基礎研究グラント

第1位:研究助成金 100万円

飯田 渓太(いいだ・けいた)さん
(東京大学生産技術研究所 定量生物学研究室 特任助教)
分野
数理物理、数理生物学
テーマ
確率・統計を用いた1細胞遺伝子発現の数理解析と生物学的
パラメータの推定


第2位:研究助成金 50万円

出野 智史(いでの・さとし)さん
(慶応義塾大学 医学部麻酔学教室 助教(研究奨励)/北里大学北里生命科学研究所 和漢薬物学研究室 講座研究員)

分野
麻酔学、東洋医学、周術期医療

テーマ
術後肺炎予防を主眼とした漢方製剤による免疫補助療法の確立

採択者メッセージ
この度は基礎研究グラントに採択いただき、ありがとうございます。私は、これまで経験に基づいた使用法が中心であった漢方医学の有用性を基礎医学的な手法により実証し、西洋医学が主体の急性期医療への応用を目指しています。本研究では手術後に生じる肺炎を再現した病態モデルマウスを用い、漢方薬の感染制御効果を検証しています。漢方製剤の術後肺炎に対する予防効果とその作用機序が明らかとなれば、新たな感染制御戦略を開発できる可能性があります。我が国独自の漢方医学的アプローチを取り入れて、周術期医療を担う麻酔科学の発展に貢献できれば幸いに存じます。


第3位:研究助成金 30万円

ARBANA BAROLLI(バロリ・アルバナ)さん
(新潟大学 大学院現代社会文化研究化 博士研究員)

分野
地域研究、芸術学

テーマ
アルバニアにおける日本アニメーションの浸透過程
-社会主義時代から現在にかけて-

採択者メッセージ
2018年度エディテージ研究費基礎研究グラントに選んでいただき、誠にありがとうございました。現在、「アルバニアにおける日本アニメーションの浸透過程-社会主義時代から現在にかけて-」特にアルバニアが社会主義を脱する過程における、メディアとその中の日本アニメーションの様相について研究に取り組んでおります。社会主義政権が長く存在したアルバニアにおいては、他のヨーロッパ諸国と比較しても日本文化に関する知識・理解は独特なものとなっています。本研究で取り扱うような文化に関する学術的研究はないため、パイオニアの位置づけにあると確信してます。エディテージ研究費基礎研究グラントの支援を頂き、両国の歴史的にも文化的にも有意義な研究を完成させたいと考えております。


第4位:研究助成金 20万円

新間 秀一(しんま・しゅういち)さん
(大阪大学大学院工学研究科 准教授)

分野
分析化学

テーマ
イメージング質量分析を用いた農薬−昆虫コミュニケーション解析

採択者メッセージ
この度は基礎研究グラントに採択いただき、誠にありがとうございます。申請内容は、昆虫体内での農薬の分布と農薬摂取による生体内代謝物変化の可視化でした。いずれも「観る」ためには画期的な技術が必要となります。この問題を解決するために、私が開発に携わったイメージング質量顕微鏡を用いています。現在は、ショウジョウバエを用いた実験を進めていますが、将来、ミツバチを用いることで現在世界的な問題となっているミツバチの大量失踪について、行動学ではなく分析科学的アプローチで解明したいと考えています。解決するべき問題は山積みですが、共同研究者とともに乗り越え、ハイインパクトの成果を出したいと考えております。