2017年エディテージ研究費、英文校正グラントの9月募集分の採択者が決定いたしました。おめでとうございます。

基礎研究グラント、海外出張グラント、英文校正グラントの3つの研究費枠で年間を通じ募集を行っています。前回・前々回と科研費を逃してしまい挑戦したいという若手研究者の方、申請をお待ちしています。 >>申請はこちらから

エディテージ研究費 英文校正グラント採択者

2017年9月

田中康弘さん
北見工業大学工学部
雪氷系・氷海環境研究室 特任研究員

分野
リモートセンシング工学,極域雪氷学,海氷
研究テーマ
地球観測衛星を利用した夏季北極海における海氷表面融解の監視手法の確立

採択者メッセージ
この度は英文校正費を支援して頂き感謝申し上げます。
夏の北極海氷上では雪や氷が融け、水溜り(融解池、メルトポンド)で水浸しであることはご存知でしょうか? 海氷は、海での太陽光エネルギーの吸収を減らす反射板として地球気候システムの安定化に寄与しています。しかし、水溜りの拡大は反射板の能力を低下させ、海氷融解の拡大を引き起こすため、海氷面積の減少を加速させることが懸念されています。
近年、衛星観測を利用した海氷面積やその厚さは盛んに観測されていますが、水溜りを毎日・長期的にモニタリングする手法は世界的にも実現していません。本論文では、長年必要とされていた信頼性の高い水溜りの情報を世界に先駆けて発信することです。今後は、水溜りの拡大が海氷面積の変動に与える影響を調べ、海氷分布の将来予測による北極海航路の実利用に貢献していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です